読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きとは言ったが得意とは言ってない。

高校生プログラマのブログ。AppleやIT、プログラミング、レビューなどについて書きます。

好きとは言ったが得意とは言ってない。

I like technology but I can't pride it.
I'm writing blog articles about my hobby.

プログラミング、最初の一歩にCloud9!

こんにちは、さんたです。 今回は、プログラミングをやってみたいけど環境設定で躓いてしまった人向けのプログラミングの試し方を紹介したいと思います。

必要なもの

パソコン(OSはWindowsMacどちらでも大丈夫です) Google Chrome(他のウェブブラウザでも構いませんが一番動作が軽いと思います。) GitHubのアカウント Cloud9のアカウント

Cloud9とは

Cloud9とはアプリケーションの開発やデータベースなどをクラウド環境で利用できるIDE(統合開発環境)と呼ばれるサービスです。 このCloud9を使えばプログラミング初心者が最初につまずいてしまう「開発環境の設定」という厄介ごとから解放され、WEBアプリケーション開発をすぐに行うことができます。 ※開発環境の設定は、プログラミング中級者でも1日~2日ほどかかってしまうこともあるらしいです。

Cloud9の登録方法

まず、ログインを簡単にするためにGitHubのアカウントを作りましょう。

GitHubのWEBサイトを表示させてください。 そして、これから作るアカウントの名前とE-mailアドレス、パスワードを入力してください。

次にGitHubのサービスプランを指定して[Finish]をクリックしてください。(登録するだけなのでFreeで良いと思います。)

このような画面になったらアカウントは登録完了です。

次はCloud9のWEBサイト表示させて、GitHubロゴマークをクリックしてください。

このような画面になったら、先ほど作ったGithubのアカウント名かメールアドレスとパスワードを入力して[Sign in]をクリックしてください。

次に上の画像のような画面になるので[Create a new workspace]をクリックしてください。

するとワークスペースの設定画面が表示されるので、ワークスペースの名前やどの言語を使うかを選択してから[Create workspace]をクリックしてください。

上のような画面が出たら開発環境の設定は完了です!

まとめ

Cloud9を使えば、とても時間がかかる開発環境の設定を1時間もしないうちに終えることができるのでプログラミングを始めようと考えている方は是非試してみてください。

広告を非表示にする